スズメバチ駆除は「蜂の巣」がキーワード~巣を見つければ料金節約~

蜂の巣が出来る前に発見するのがポイント

被害が多いスズメバチは、巣を作るところにも特徴があります。ここで、よく作られる場所の特徴を見てみましょう。

スズメバチが蜂の巣を作りやすい場所・4選

林に蜂の巣を作るのは、オオスズメバチやクロスズメバチなどのハチです。これらの種類は土の中に営巣することもあります。クロスズメバチは人を積極的に刺してくるようなタイプのハチではありませんが、オオスズメバチは近付いただけで攻撃を仕掛けてくることがあります。蜂の巣を探す際は常に安全な距離を保つようにしましょう。
天井裏・屋根裏
天井裏や屋根裏は、キイロスズメバチやミツバチがよく蜂の巣を作る場所です。これらの場所は雨風を凌げるという、ハチにとって実に好都合な環境と言えます。
軒下
住宅地のあらゆる場所に蜂の巣を作ることで知られるキイロスズメバチですが、彼らは家屋の軒下にも巣作りをします。同様に、コガタスズメバチも軒下を営巣場所としています。彼らは雨戸を収納するための戸袋に営巣することもあります。
床下
床下に蜂の巣を作るのは、キイロスズメバチやミツバチなどです。床下は場所が場所であるため、どうしても発見が遅れてしまいがちです。見つけたときにはすでに巨大な巣ができていた、というケースも少なくありません。

蜂の巣は早い段階で駆除しよう

家の周辺にスズメバチの姿を見かけるようになったら、危険が及ばない程度に巣の場所を探してみましょう。早く見つけることができれば、蜂の巣が巨大化する前に安全に駆除できます。何より、経済的負担も大きく軽減されます。業者が提示する駆除料金は巣の大きさにも関係しているからです。早期発見には、このようにいろいろなメリットがあるのです。

費用を節約!各自治体の補助制度

スズメバチの蜂の巣を駆除業者に依頼した人に対し、自治体が費用の一部を補助してくれる制度があります。この制度を「スズメバチ駆除補助制度」と言います。対策に際し防護服の貸し出しを行なっている自治体もあります。自治体によって制度の内容が異なるので、自分が住んでいる地域の自治体のサイトをチェックしましょう。

to top