蜂の巣を見つけても冷静に対処【スズメバチ駆除の重要ポイント】

スズメバチからの警告をチェック

スズメバチは何でもかんでも攻撃するわけではなく、敵だと認識したものに対して威嚇行動をします。このサインを見極めれば、刺傷トラブルを避けることができます。

まとめ

スズメバチが上記に挙げた行動を1つでもしてきたら、早急にその場を離れるようにしましょう。このとき注意しておきたいのは、慌てず、後ずさりするような感じでその場を離れる、ということです。素早い行動を取ると、スズメバチがそれに反応しすぐに襲ってくる可能性があります。

スズメバチの天敵

存在に気付かずにスズメバチの蜂の巣の近くに来てしまった場合、静かにその場から離れるようにしましょう。スズメバチは動くものを追う習性を持っているからです。なるべく姿勢を低くしたり、直角に曲がって視界から外れるようにしたりすればより効果的です。手で振り払ったり声を出したりするとスズメバチを刺激してしまうので、絶対にしないようにしましょう。

人間に容赦なく襲いかかってくるスズメバチですが、実は彼らにも天敵が存在します。

ハチクマはタカ科の鳥で、スズメバチの巣自体を持ち帰り、中にいる幼虫やさなぎなどを自分のこどものエサにします。日本最大のトンボ、オニヤンマもスズメバチの天敵として知られています。ちなみに、よくスズメバチの天敵として熊が挙げられることがありますが、これはハチが黒いものを攻撃する習性を持つことから出てきた説の1つで、確証は無いようです。

to top